がん治療最前線(新薬・新治療法)
がん治療のための最新情報。がん新薬・がん新治療法で、再発がん、転移がん、末期がんに立ち向う!
<< 脳腫瘍治療へ抗がん剤新薬を承認 | main | 鉄分減で がん細胞を弱らせ、抗がん剤が効果向上 >>
新がん治療シートは皮膚がん,食道がん.子宮頸がんに有効

がん患部へ特殊なシートを貼り付ける新治療法の効果が確認された。

新しいがん治療シートは、新開発の特殊なシートをがん細胞に貼り付けることで、手術後の任意の時期に体外から磁場をかけ、シートの発熱とシートから出る抗がん剤でのダブルの治療効果が得られる。

がん細胞は熱に弱いため、がん患部を45度程度に温める「温熱療法」が効果があることは広く知られている。

新開発のがん治療シートは、磁気を帯びた粒子が練りこまれ、さらに抗がん剤が混ぜられている。がん治療シートは体外からでも磁場が掛けられると、45度程度に発熱し、さらに熱に反応したシートから抗がん剤が放出される仕組み。

実験では、皮膚がんの培養細胞にシートを適用したところ、1日5分間の磁場による発熱で、2日後にはがん細胞が19%まで減少した。 抗がん剤だけだと26%、発熱だけだと69%にしか減少しないことに比べると、有意にがん治療シートの治療効果が確認されたのだ。

がん治療シートを新開発したのは、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)。

新シートの治療対象は、皮膚がんだけでなく、食道がんや子宮頸がん でがん細胞が表面を覆う症例=扁平上皮がんへも効果的な治療対象と期待が高まっている。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SEARCH THIS BLOG